メインイメージ

恋をすると色んな事が

恋をすると色んな事が不安に感じてしまいます。 相手は自分の事を意識しているのか、嫌われてしまうんじゃないのか、気持ちに気付いて欲しい等さまざまな思いが発生して、心が潰されてしまいそうなぐらいに感情的になる事があります。 恋をすると不安に襲われるのが常で何でもない様な事が色んな事で悩んでしまいがちです。 ネガティブ思考になる事が多く「もしかしたら・・・」と悪い方向に想像する事が多々あり、連絡が少し遅れるだけでも嫌われてしまったのでは?と悩んでしまう訳です。 このような恋の悩みや不安は年齢は関係なく、いくつになっても感じてしまう事であり、切ない気持ちになってしまうでしょう。 例え好き同士であっても依存していると一人で考えてしまい、自分を失ってしまう程です。 依存したくないから相手を好きになり過ぎるのが嫌と思っていても、恋は止められないものであり、気持ちが空回りすると上手くいく事も上手く行かなくなってしまいます。 この気持ちを少しでも解放するために他に趣味を作ったり、やる事を増やしたりする人も多いでしょう。 恋をする事によって感情が優先してしまい何も手を付けられない時は、色んな事が不安に感じますが、しっかりと感情的な部分と事実の部分を区別できたら不安を解消させる事ができます。 感情や妄想の部分が優先してしまうと気分が支配されてしまいますので、できるだけ事実をハッキリと認識しておくと苦しい事でも明るくする事が可能です。 それに感じてしまいやすい感情はできるだけ自分で意識してコントロールしてあげる事も大事です。 不安に思っている事を相手に対して伝える事も良いかもしれませんが、恋をすると相手に嫌われるのが怖いから伝えられない気持ちがありますけど、思い切りも大事かもしれません。 本当に大切にしていきたい関係を構築するなら本音の部分も出さないといけないのです。 相手に依存している恋は悩みが増えるだけではなく、長続きしませんので出来るだけ自分中心の考えを持ち、相手と関わっていった方が恋は上手くいきますよ。

楽しい事だけなら

近ごろでは、子供から高齢者まで幅広い年代の人々が、それぞれの恋愛を楽しんでいます。異性との会話を楽しいと感じたり、同じ時間を二人で・・・ここから